ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
半年位ぶりにレッスン。

前回は10月、倶楽部選手権の1回戦敗退後だった。
その後、このオフシーズン(といってもラウンドしてたけど)徹底的にドリル練習をした。
納得のいくスウィングやショットが出来るようになってきた。

そして今年、4大競技の2戦め、
理事長杯の予選敗退。

致命的な引っ掛け、いわゆる「逆球」が出だした。

治そうとするとスライス、ひどくはプッシュアウト
「これはいかん、と。」
駆け込み寺へ。

さすがレッスンプロ、10年近く前から診ていただいているので
アカンところをズバズバ指摘。

テークバックからダウンスウィングの軌道は、凄く良くなってるとお褒めの言葉。
でも時に右肩が下がりあおり打ちが出る傾向。
修正しようとすると引っ掛け球。

まさにコレだ。

早速治療へ。

左肩を後ろへ回転。決して上げない。
右肩がすぐ下がる癖、ダメ
ダウンでグリップ遠く、インパクト以降左手前45度に振り抜くイメージで。
ダウンでかがみこみ、三角形を保つ。グリップを近づけ過ぎると、
右肘が体の外に行って、結果シャフトが立ちプッシュアウトかチーピンが出る。

これはダメ


こうしないと。


道のりは長いが、悩み解消。
関連記事

[2018/05/10 21:33] | レッスン
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: