ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
倶楽部選手権、1回戦。

先週の予選からボールがつかまらず、
どうしても右に行ってしまうことがあるので
平日1回、全日、当日と修正を試みたが、何ともいかず本番へ。

自分もあまり調子よくなかったが、
お相手も調子がよくなかったので勝てるチャンスはあった。
でも、
さすが4大会グランドスラムの経験者、また全日本ミッドアマ出場経験あり、
と言うツワモノだけにそう簡単にはリードさせてくれなかった。

結果は、18ホール頑張ったものの、
エキストラホール1番でサドンデス。まさに即死した。

負けは悔しいが凄く楽しかった。
やっぱりマッチプレーは面白い!
上位の選手とのラウンド、ましてやマッチプレー、
ものすごく勉強になった。自分をひとまわり成長させてくれた大会だった。

自分との違いはなんなのか。
それを見ながら考えながらラウンドした。
懐の広い安定したダウンスウィング
FWバンカーでの確実なボールコンタクト
ガードバンカーの寄せ
と言うところか。

各ホールを振り返る。

◼1番
緊張のTEEshot
お互い安全に様子見のPar
◼2番
予選と同じ左ちょいラフ
相手はまさかのOB で1UP
◼3番
ショート、お互いPar
◼4番
長いミドル、残り220y
クリークで2オン
相手はバンカー3オンのボギー。2UP
◼5番
2オン、下りの真っ直ぐ5mが入ってバーディ。3UP
◼6番
スプーンで左ひっかけラフ、2ndあたり悪くショート、寄らず入らずボギー。
相手はTEEshotバンカーいれるも2オン、パー。2UP
◼7番
ショート。右にはずしバンカーボギー。1UP
◼8番
ロング。相手はボギー。
入れればパーの約60センチのパットをはずしてしまい
こちらもボギー
◼9番
ミドル、お互い2オン。
同じくらいの距離、約4m、相手が入れてバーディ。ASに。

折り返し

◼10番
TEEshotミス、右バンカー、さらにミスショット。
5オン2パットのダボ。
しかしながら、相手も寄らず入らずのダボ。助かった。
◼11番
TEEshotお互いミス。何とか寄せワンでパー。
しのいだ。
◼12番
TEEshotはフェアウェイ。相手はバンカー。
2ndは9アイアンでいい感じ、約4mにOn
優勢と思いきや、バンカーからナイスショット。
同じ約4mにOn、入らずお互いパー。
◼13番
ショート。ナイスショット。だったがオーバー。
比較的易しいアプローチだったが寄せきれずお互いボギー。
◼14番
動いた。お互い3オン。5mのバーディパットが入り。1UP
◼15番
ショート。190Y4Uで。あたり損ね。ミスショット。
相手はベタピンでバーディ。ASに
◼16番
ロング。お互いパー。
◼17番
お互い2ndグリーン外す。
相手が先に50センチに寄せる。
横からの15m程のアプローチ。スライスの下り。
50センチに寄せきった。お互いパー。
◼18番
TEEshotはお互いナイスショット。
お互い2オン。お互い約8m。
2パットでパー。
◼1番(エキストラホール)
相手が右へミスショット。
勝利の女神はこっちに微笑むのか。
2ndクリークかユーティリティーか迷ったが
安全に行こうとユーティリティーを選択。
これがミス。
右の斜面でグリーンがちゃんと狙えない。
グリーン左に外してアプローチにかける。
相手は3打目バンカーへ。万事休すと思われたが、
さすが4大大会制覇、ハンデ1の強者。
すんなり終わる訳がない。3打目の15y程のバンカーショットが
見事に50センチに。入れパーは確実だ。
いっぽう、こちらはさほど難しくない約8m程のアプローチ。
確実にパーをとるためには寄せなければならない。
パンチが入った。約3.5m程オーバー。
下りフックラインが入らなかった。。
万事休す。

ここで勝敗には関係なかったが、
13番でこんな事がおこった。
パターの際、パットしようとボールを置いてマークをピックアップした時、
左手に虫が止まった。すぐにはたいた瞬間、持ってたパターが倒れ、
シャフトがボールにあたり動いてしまった。
結論は意図しない場合に動いたボールはノーペナ、との判断。
助かったが、何とも言えぬ雰囲気に。
こういうのは注意しないといけないね。

【日本女子オープンルーリング】
9番ホールパッティンググリーンで鈴木愛選手が球をボールマーカーの前にリプレースしようとしたところ、手が滑って球を落としボールマーカーを動かしてしまいました。

この競技ではパッティンググリーン上で偶然に球やボールマーカーを動かした場合、罰はなく、リプレースしなければならないというローカルルールを制定しているので鈴木愛選手に罰はありません。

JGAハードカード7項 パッティンググリーン上で球が偶然に動かされた場合

「規則18-2と20-1は以下の通りに修正される。 (2017年1月)
プレーヤーの球がパッティンググリーン上にある場合、その球やボールマーカーがプレーヤーやパートナー、またはそのいずれかのキャディーや携帯品によって偶然に動かされても罰はない。その球やボールマーカーは規則18-2や規則20-1に規定されている通りにリプレースされなければならない。
このローカルルールはプレーヤーの球やボールマーカーがパッティンググリーン上にあり、いかなる動きも偶然である場合にだけ適用する。」


関連記事

[2017/10/08 17:25] | 競技
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: