ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
前回のラウンドでスタートホールの1打目で
いきなりチョロ

朝の練習ではドライバーショットの
最近の好調さを維持
なんの心配もなかった

朝イチのティーショットでチョロったのは
いつ以来だろう、って言うくらい…

大概通常より最新の注意をはらい
コンパクトスウィングに心掛け
程なくこなしていた。

振り返ると凄く気持ち悪いので
原因を考察しメモっておこう

まず、チョロりかた

ボールの弾道は、ドロップ
方向やや左
飛距離はキャリーは約20Yラン30Yでトータル50Y
(打ち下ろしで)

という状況から
当たったのはボールの赤道よりも上、
ややヒール気味に当たっている

以下の結論に達する

原因は

ボールに近い。
前傾が保たれていない。


意識することは、
ボールから気持ち離れて構え、
股関節よりシッカリ前傾姿勢のアドレス
その前傾を保ちながらスウィング


そうすれば大丈夫なはずだ。

やはり
全てはアドレスで決まる
と言っても過言ではない

↓チョロったスタートホール
関連記事

[2015/07/06 21:05] | スイングについて
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: