ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
今年の日本女子ツアーのデータ

ここで注目すべき点は、
アン・ソンジュのパーセーブ率の高く
平均パット数で上位にいることが
平均ストロークでも上位にいる所以。
つまり、バーディだけではなく、
パーオンしなくても集中力で1パットを沈める。
1パットで沈められる場所にアプローチする技術を持っている、
という事も言える。

確実にパーを拾い、無駄なボギーを打たなかった証拠。
これが数多い試合で勝ち抜き賞金女王になった原因だろう。

平均パット数で上位にいても
パーオン率が悪ければ、
パット数が少なくなることは当たり前。
他のランクに入ってこない香妻プロは、
セカンドショット等が上手くいかなかったから
パーオン率で上位にいない事が言えるが、
それは、ドライバーのフェアウェイキープ率が低いから
セカンドに影響したのか、
つまり、原因はドライバーの不安定?飛距離?からくるもの
だったかも知れない。

関連記事

[2014/12/10 22:10] | データ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: