ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
11年ぶり3度目の廣野。
3度目の正直ではないが、
過去2回のチャレンジでは不甲斐ない成績だったので
気合いを入れて望んだのだが・・・

結果は、


どうしてだろう。
90が切れない。(1回目92、2回目90)

やはり廣野には魔物がいるのか?
それとも女神が微笑んでくれないのか??

名門廣野でのラウンドはそうそう機会がないので
満喫すべくスタートする大体の時間
(廣野にはスタート時間が決まっていない)
が9時半ごろだったが、開場と同時の朝7時に現地入り。
ゴルフ場のエントランスを通過した瞬間から特別な空気が漂う




左に駅、廣野ゴルフ場交差点前を右に曲がるとすぐに入り口がある

練習場は貸切状態♪
しかも今日はマット使わず芝から直に打ってOK
アイアンゾーンとウッドゾーンに分けられている。


練習のあとのコーヒーブレイク
この至福の時がたまらない


倶楽部ハウスからの景色
まるで絵画を切り取ったような素敵な光景


いよいよスタート
今回はチャンピョンティー(いわゆるバックティ)から
ラウンドさせていただいた
なんとコースレート75.8!

キャディさんは二人に一人付く
2バックの手押しかカートだ
これも芝に負担をかけない為だそうだ
キャディバックも8㎏程度に軽くしなければならない。

フェアウェイのコンディションはもう最高!
難しいグリーン
9番ホールでの記念写真


ランチは人気の焼き飯とカレーライスを4人でシェア
(量はストップというまでついでくれる)

格調高い倶楽部ハウスのレストランで
つい皆テンション高くなってしもた


さて、後半のスタート
30、40分したら出てきてくださいね、とここもアバウト

立地(駅前)、エントランス、倶楽部ハウス、練習場、コース・・・
全てが異空間であり、特別な空間だった。

廣野をラウンドした証としてタグをつけてくれる
これだけはラウンドした人しかつけられない。

おまけ





関連記事

[2014/06/13 21:41] | ゴルフ場
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: