ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
フィル・ミケルソンがウェイストマネジメント フェニックスオープンで優勝。

今回の中継を見ていて、2つ気づいたこと。
・ミケルソンの体がしまっていた
・スウィングが変化していた。

具体的にいうと、昨年より明らかにおなかまわりの肉が少なくなっている。
顔も細くなっている。
そして、スウィングが明らかの変わっている。特にドライバーの時によくわかるが
右サイドの壁がしっかりできてきている。(ミケルソンは左利きなので)
以前は壁ができておらずスウェイしていた。

かなり偉そうなこと言っているが、
僕みたいなアマゴルファーが見てもわかるくらいなので、
おそらく相当な努力をしたのだろう。

タイガーも復活してミケルソンも好調となれば
かつてのライバル同士の戦いが見れそうで楽しみ。

その中にRマキロイ等の若手が食い込む。かつてない戦いが見れそうで
今年のPGAは楽しみだ。

遼くんも、レギュラー参加だしね。応援しなきゃ。

67752_360240[1]
関連記事

[2013/02/06 22:15] | スイングについて
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: