ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
日刊スポーツ 切り抜き

10位で予選通過出来ました。
同じ西宮六甲の峯さん、ホールインワンしたんだね♪





[2014/06/29 10:25] | 競技
トラックバック:(0) |
日刊アマ予選2014

場所は小野グランドCC

スコアは

自分としてはそこそこ満足出来るスコア
細かいところを言い出すといろいろあるんだがね。
ただ一緒にラウンドした方々が78、78、79と4人とも
70台を叩き出しているのはさすが日刊アマ。
シングルさんしか参加できないから当然の出来事かも。

今回気を付けたのがコンパクトスウィング。
徹底した。そのお陰でドライバーの乱れが少なかった。

予選の順位は?
最終組が上がってくる前にゴルフ場をあとにしたからわかりません。

詳細は明日の日刊スポーツ紙で確認しよう♪

今年2014年の平均


[2014/06/28 21:46] | 競技
トラックバック:(0) |
6月度月例
結果は10位



前半は雨の中で耐えるゴルフ

アプローチでの目立つ失敗が2度

58度か52度迷い寄せに安心な52度選択したが
距離が合わずオーバー

クラブの選択は間違っていないと思うが
アプローチの距離感を掴まないといけない

あと30パットは切りたいね

2014年成績


[2014/06/22 17:42] | 競技
トラックバック:(0) |
サントリーレディス2014を観戦
場所は六甲国際ゴルフ倶楽部

このゴルフ場はメンバーシップの東コースと
基本誰でもエントリー出来る西コースがある

以前パナソニックオープンが開催されたのは東コース

サントリーレディスは東コースと西コースが混在する
なので
我々がサントリーレディスと同じ順番で
各ホールをラウンドすることはできない。

今回は今注目のしているプロを見に行くのが目的

藤田光里プロ
ルーキーながら実力派
アマチュア時代に北海道の大会を総ナメしている


細身ながらドライバー飛ぶし、
スウィングが綺麗で無駄がないところを
生でじっくり見たかった。


実際18ホール中12、3ホールついてまわり
じっくり観察

今回観戦して収穫したのは改めてリズムが重要ということ
スウィングにはいるルーティーンワークが常に一定でゆったりしている
動きに無駄がない
背筋が延びていて姿勢がいい ピンとしている
そして何よりも「マン振り」していない事
そうだなぁ、8割位の力で振っている(ようにみえる)かな

ボールのところに何事も無かったように来て
何事も無かったように打ち
何事も無かったように去っていく


パットが入らなかったり、トラブルもあったが
この落ち着いた様がプロの凄さなのでしょうか。

藤田光里プロは美人だけにファンも多く
ラウンド終了後、大体5、60人にサインをしていた
一人一人にサインをしたあとに必ず目をあわせて挨拶をしていた
これもプロ魂だな (疲れてるのに大変だ)

おまけ

[2014/06/15 19:35] | 心構え・メンタル
トラックバック:(0) |
11年ぶり3度目の廣野。
3度目の正直ではないが、
過去2回のチャレンジでは不甲斐ない成績だったので
気合いを入れて望んだのだが・・・

結果は、


どうしてだろう。
90が切れない。(1回目92、2回目90)

やはり廣野には魔物がいるのか?
それとも女神が微笑んでくれないのか??

名門廣野でのラウンドはそうそう機会がないので
満喫すべくスタートする大体の時間
(廣野にはスタート時間が決まっていない)
が9時半ごろだったが、開場と同時の朝7時に現地入り。
ゴルフ場のエントランスを通過した瞬間から特別な空気が漂う




左に駅、廣野ゴルフ場交差点前を右に曲がるとすぐに入り口がある

練習場は貸切状態♪
しかも今日はマット使わず芝から直に打ってOK
アイアンゾーンとウッドゾーンに分けられている。


練習のあとのコーヒーブレイク
この至福の時がたまらない


倶楽部ハウスからの景色
まるで絵画を切り取ったような素敵な光景


いよいよスタート
今回はチャンピョンティー(いわゆるバックティ)から
ラウンドさせていただいた
なんとコースレート75.8!

キャディさんは二人に一人付く
2バックの手押しかカートだ
これも芝に負担をかけない為だそうだ
キャディバックも8㎏程度に軽くしなければならない。

フェアウェイのコンディションはもう最高!
難しいグリーン
9番ホールでの記念写真


ランチは人気の焼き飯とカレーライスを4人でシェア
(量はストップというまでついでくれる)

格調高い倶楽部ハウスのレストランで
つい皆テンション高くなってしもた


さて、後半のスタート
30、40分したら出てきてくださいね、とここもアバウト

立地(駅前)、エントランス、倶楽部ハウス、練習場、コース・・・
全てが異空間であり、特別な空間だった。

廣野をラウンドした証としてタグをつけてくれる
これだけはラウンドした人しかつけられない。

おまけ






[2014/06/13 21:41] | ゴルフ場
トラックバック:(0) |
今回


今回は同伴者にHDが6と8の方がいたので
フルバックからプレーさせて頂いた♪
午後東コースからのスループレー
午前の雨もあがり、フェアウェイも広く気持ちよいコースだった。

今年のアベレージ成績
なかなかアベレージ70台まで近くて遠ーい。難しい!!


[2014/06/07 22:44] | ラウンド
トラックバック:(0) |
松山英樹プロが悲願の米PGAツアーザ・メモリアルトーナメントで初優勝。これは偉大なことだ。
格好いいね。


ババ・ワトソン、アダム・スコットが崩れていく中、松山も崩れかけるがなんとか耐えて
18番の4日間連続となるバーディを獲る3rdショットからパットにかけては見応えがあった。

見た感じでもわかるあのマイペースさが、精神的な強さと動じない心をもっているのだろうか。
ただ、そのマイペースさが故なのか、スロープレーに繋がっている理由なのかもしれない。

K・ナとのプレーオフでの2nd、
松山の打球が左にそれ、ギャラリーのおばちゃんの脚に当たり、
ディンプルマークがつくほどの衝撃があったのがTVで映し出されていた。


その被害者に対し、その時何かしらのフォローがあってもよかったんでは、と思った。ま、そのおばちゃんも笑ってたけどね。
そこで、
”I'm sorry. Are you OK?"
とでも一声掛けてあげれたらもっと松山のイメージが向上したのにな。テレビ的にも。
試合終了後に謝罪して記念写真撮ったみたいだけど。

世界ランク13位、まだまだイケる22歳だ。

【男子世界ランキング】
1位:アダム・スコット(9.20pt)
2位:ヘンリック・ステンソン(7.83pt)
3位:バッバ・ワトソン(7.45pt)
4位:タイガー・ウッズ(7.44pt)
5位:マット・クーチャー(7.05pt)
6位:ローリー・マキロイ(6.90pt)
7位:ジェイソン・デイ(6.45pt)
8位:セルヒオ・ガルシア(6.07pt)
9位:ジャスティン・ローズ(5.94pt)
10位:ジョーダン・スピース(5.89pt)

13位:松山英樹(5.24pt)
67位:小田孔明(1.99pt)
91位:石川遼(1.58pt)
111位:片山晋呉(1.40pt)
117位:谷原秀人(1.36pt)

[2014/06/03 16:03] | トーナメント
トラックバック:(0) |