ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
いよいよ今週末から倶楽部選手権が始まる

50歳を期にスウィングについて思ったこと
・フェードに徹しよう
 飛距離を伸ばしたい、風に強い球を打ちたい、と思い、
 これまで幾度とスウィング改造を試みてきた
 しかし、その時にはいい球が出るのだが、ここ一番の時に逆球が出る
 これで何回失敗してきたか バカじゃないのー、っていうくらい。
 だから、本来持ち玉のフェードを極めることに。
 まあ、プロじゃないしね。ドローに固執する必要ないかと。
・無理なスウィングはやめよう
 変にグリップを変えたり、ダウンスウィングで無理したり、
 結果、手首を痛めたり、指を痛めたり、そうなると全体がおかしくなってくる
 ストレッチをしっかりね。


後はやっぱりコースマネジメント
クラブを変えることで一気にプレッシャーから解放される

具体的には、ドライバーでナイスショットすればベストな位置にボールを
運べるが、問題はそのナイスショットが出る確率
それが30%の確率であれば、70%でフェアウェイに運べる3Wにしようと。

それは決して消極的な事ではなく、
状況に応じて、最適なクラブ選択ができる冷静さと勇気を持てるか。
という事に尽きると言っても過言ではない。

といったところで、では倶楽部選手権の予選、
どう攻めるか。

心構えとしては、台風25号の影響で雨、風に注意が必要。
mなので、ショットも控えめに、いつも以上に注意を。

1番
左がアウトだからあまり左を向きすぎないように
フェアウェイ左サイドからフェード
右のバンカーまでは曲げたくない
2番
本来ボギーでもいいくらいの難関ホール
でも、パーを獲るのが勝者のゴルフ
ここはスプーンで真ん中向いて。
ショートカットのイメージは消すこと
3番
右に行きやすくバンカーにはまりやすい
ボールをしっかり見てちゃんと捕まえること
打ち込んではいけない
ターフをとらずスウィープに
センター目指し。無理しない事。
4番
長いミドル
ここは確実にフェアウェイをキープしたい
セカンドでグリーンを捉えたいので
5番
左は絶対tNG
こここそフェードで攻めたい。
6番
スプーンかドライバーか迷うところ
7番
グリーンセンター狙い
風に気を付けて
8番
セカンドを残り100y残すように
9番
ドライバー?スプーン?
風次第?

10番
ティーグランドが前からだと右の飛びすぎOBに注意
左目狙い
11番
左のバンカーに届かないクラブで
12番
左のバンカー避けて
バンカーからフェード
13番
ここもセンター狙いで
24度のユーティリティでよく球を見て
14番
セカンドで確実にグリーンを捉えたい
15番
センター狙い
16番
スプーンでフェアウェイをキープ
セカンドを左右OB注意
バーディ獲りたい
17番
右に無理してショートカットはNG
18番
左の巻き込みOB注意
クリークではなくスプーンで

[2018/10/02 18:37] | コースマネジメント
トラックバック:(0) |



トラブルショットの時考えること
それは少しでも゛低い゛スコアであがるために
『LOWER』を意識
成功確率が70%以下のショットは選択しない。

常に悪くてもパーパットを残すように心掛ける。
そのためには
ピンサイドに外さない、
グリーン手前(花道)にボールを運ぶようにし
無理をしない。

[2014/12/28 16:25] | コースマネジメント
トラックバック:(0) |
ゴルフダイジェスト2/4号より、

寒くて乾燥する冬のシーズンは、固い地面や薄い芝、
ベアグランドなどライコンディションがことのほかシビアになる。
しかも時間帯や気候によって凍ったり湿ったり乾いたりしてライの状態が変わる。
ただでさえデリケートな状態で打たなければならないのに
バンカー超えや左足下がりのライや逆目の絡む30ヤードのライは
「スコアの墓場」になりかねない。

~肝に銘じておくこと。

そして何をするのかどう対処するのか、
その状況になった時の技術を習得しないとパーは拾えない。

[2014/02/03 23:50] | コースマネジメント
トラックバック:(0) |
タイガーのチャレンジが必ずしも間違いではないと思うが、
目玉というライ、顎と言うか壁の近さ、高さからして
無謀ではなかったのか。

ここで学んだ事。

バンカーでピンに向かって打てない時、
横や後ろに向いてバンカー脱出は考えるが、
バンカー内にレイアップは、なかなか思い付かない。
つい無理してしまうよな。

日本ではこういったポットバンカーはそうそう無いので、
機会はそんなに無いと思うけど。。。

自分がこんな状況になったと時の対応として
選択肢として覚えておきたい。

タイガーの位置

無理に出そうとして、結局トリプル。

マクドウェルの位置

バンカー内にちょこっとレイアップ、そして寄せワンでボギー。

[2012/07/25 20:08] | コースマネジメント
トラックバック:(0) |
ショットナビウォッチを初めて使用した川奈ゴルフでのラウンドでしたが、
プロキャディがいて的確な指示、判断していただいたため
必要なかったかも。

ただ、プロキャディの言う残りヤードと時々比較していたが、
殆ど差がなく、ショットナビウォッチの利便さを感じる以上に
プロキャディの凄さを感じた日でもあった。

お世話になったプロキャディ○野さんとの2ショット。
昨年はフジサンケイレディスで黄アルム選手のバックを担いだそうですが、
今年は誰のバッグを担ぐのでしょうね。


ところで肝心の使用インプレッションは、、、
GPSの感度はいい。
腕にはめていても大きさは気にならない。
ショット(ドライバー)の飛距離が計れるのはグッド。
バッテリーのもちにちょっと不安かも
最終ホールで残量が20%くらいになっていた。
情報量的にも最低限のこのくらいの情報量で充分。

総括するとやはりあるとすごく便利。
今のところ購入して後悔なし。
今後セルフプレーには欠かせなくなりそうだ。

[2012/04/14 22:55] | コースマネジメント
トラックバック:(0) |