ゴルフ、まほろば。たかがゴルフ、されどゴルフ。
どやろ。


[2019/04/27 23:56] | レッスン
トラックバック:(0) |
スウィングがわからなくなったら、
迷いが生じたら、
レッスン。

自分では、気付かないところを気付かせてくれます。

不安を自信に変えるためには、教わったことを
ひたすら繰り返し体に染み込ませるのみ。

トップの上げる位置、右肘の位置、左肘の伸び具合


アプローチ、目線で

[2019/04/26 23:07] | レッスン
トラックバック:(0) |
半年位ぶりにレッスン。

前回は10月、倶楽部選手権の1回戦敗退後だった。
その後、このオフシーズン(といってもラウンドしてたけど)徹底的にドリル練習をした。
納得のいくスウィングやショットが出来るようになってきた。

そして今年、4大競技の2戦め、
理事長杯の予選敗退。

致命的な引っ掛け、いわゆる「逆球」が出だした。

治そうとするとスライス、ひどくはプッシュアウト
「これはいかん、と。」
駆け込み寺へ。

さすがレッスンプロ、10年近く前から診ていただいているので
アカンところをズバズバ指摘。

テークバックからダウンスウィングの軌道は、凄く良くなってるとお褒めの言葉。
でも時に右肩が下がりあおり打ちが出る傾向。
修正しようとすると引っ掛け球。

まさにコレだ。

早速治療へ。

左肩を後ろへ回転。決して上げない。
右肩がすぐ下がる癖、ダメ
ダウンでグリップ遠く、インパクト以降左手前45度に振り抜くイメージで。
ダウンでかがみこみ、三角形を保つ。グリップを近づけ過ぎると、
右肘が体の外に行って、結果シャフトが立ちプッシュアウトかチーピンが出る。

これはダメ


こうしないと。


道のりは長いが、悩み解消。

[2018/05/10 21:33] | レッスン
トラックバック:(0) |
最近、特にアイアン、ユーティリティーのあたりが悪く。

悩みを解消するために、自分のスウィングをよく知っている
かつてのレッスンプロに緊急連絡。

悪いところを全てあぶり出してもらう。

やはり悪い癖が出てきている。

備忘のために記録

テークバック
・右45度にテークバック
・体が前にいかないように
・肩を回して懷に余裕を持てるように
ダウンスウィング
・ハーフウェイダウンで右手のひらが天井向くくらい寝かせて。
・右45度にダウン
インパクト
・そのまま回転
・地面を滑らすように
・軸が流れないように頭を残す。(左こめかみを目標方向に残す)
フォロースルー
・低く振り抜く
・後ろから見たとき左肩より低く抜けるように

なかなかレッスン受けた感覚をテキストに残すのは難しい。
でも
もやもやしていたものが指摘されて安心した。
なんかわかってきた気がする。
レッスンの時に治してもらったスウィングを忘れないうちに、
また練習しないと。








[2017/10/13 21:31] | レッスン
トラックバック:(0) |
ゴルフ好きの人たちが集まるSNSのグループに投稿される内容で思ったこと。

「今のスウィングです。悪いところを教えてください。」と動画の投稿。

いやいや、わかるでしょ。自分の悪いところ。

そのような投稿をするうちはその人に進歩はみえない、と思います。

何故かと言うと、
いろんなところに上手い人や、プロのスウィング動画、レッスン書が溢れているなか、
比べると自分のアカンところはわかるでしょ。いや、見つけないと。
上手くなりたいのなら、そのくらいの探求は最低限必要かと。

その上で解決法が見つからないときに初めて
冒頭の質問がしたくなり藁をもすがる境地になる。

「ココが悪いと思うのでどうしたら治す事が出来るか教えてください。」
というようにならないとその人に進化はないと思います。

[2017/01/12 21:25] | レッスン
トラックバック:(0) |